【1分で】ポプテピピック 第12話を見終えて……

アニメ【ポプテピピック】の12話

ついに最終回を迎えました、覇権アニメ()ポプテピピック。一体これは何だったのか、未だにわかりませんが……しかし最終回もぶれる事のないクソっぷりで、とてもうれしくなりましたので簡単ですが最終話の感想を書きたいと思います。

オープニングパロディが神(クソ)

当初からクソアニメ、クソアニメと言われ続けた(というか公式が発信し続けた)アニメですが、世間的にはポプテピピックよりも前からずっと「クソ」の名を欲しいままにしていたゲームがあった事を、ポプテピピック最終話を見るまで忘れていました。このコラボがないわけがなかった……と改めて。伝説のゲーム【デスクリムゾン】とのコラボは本当に笑いました。そうか、こんな組み合わせがあったかと。出てしまえば当然の組み合わせだったのですが、、、いや、気が付かなかったです。

関連会社をボコボコに。。。

当初から竹書房に喧嘩を売りまくるスタイルでお馴染みのポプテピピックでしたが、最終回はキングレコードも含めて、関連会社すべてを敵に回すかのような展開です。こういう風にすべてをネタにできてしまうスタイルは本当に羨ましいというか、これぞポプテピピックだよなという感もあり、とてもラストにふさわしい展開だったのではないかと思います。。。ってそんな真面目に話すような内容ではないかとも思いますが()

唐突な蒼井翔太要素

リアルタイムでTwitter上のトレンドにもなりましたが、唐突な蒼井翔太要素の投入。意味不明です、出てきた意味もなにもまったくわからない、唐突でした。結果、最後まで意味が分からない作品という……ただ分からないのに、あぁ、ポプテピピックだなって納得できてしまうのが12話を経て、このクソアニメに飼いならされてしまった証なんだろうなぁと。でも本当に出てきた意味はよく分かりません。。。また見てみよう。

まさに”覇権アニメ”

ニコニコ動画ではアニメ全話の再生数が100回を超えたそうです、史上初の快挙。色々作中では覇権アニメを、という会話もありましたが間違いなく社会現象と呼べるような覇権アニメになったのではないかと思います。もう二度と出てこないようなタイプの作品かもしれません。そんな気もしてしまうくらい、ポプテピピックにしかない世界観があったと思う作品でした。

貫田 雅剛

ラジオのパーソナリティー・プランナーやイラストレーターとして活動中。RCCラジオ・ラジプリズムの部長。ラジオのこぼれ話から、アニメのリアルタイム雑感、イラスト描いたりWeb作ったり、イベント考えてみたり、そんな色んな情報や、日々のあれこれなどを”なるべく”毎日更新したいと思います。